保湿化粧品レビュー
アトピー・乾燥肌向け保湿化粧品の比較・レビューブログ

アトピー、乾燥肌タイプが使うべき化粧品はあの成分配合保湿化粧品です!

img_0805.jpg

冬の空気の乾燥はアトピー肌タイプ、乾燥肌、敏感肌タイプにはキツイですよね。
アトピーの管理人はかゆみから炎症が身体のところどころに出ています。

画像のようになってしまった場合は、ステロイドと肌の保護にファムズベビーを使っています。

ですが、顔は乾燥、保湿対策に気を付けているので現在はアトピー用の薬を使うことはありません。

あるときに皮膚科の先生からプロトピック軟膏は使っている?と聞かれ

ぽなこ

あの成分配合の保湿用化粧品を使い始めてから顔にプロトピック軟膏を使わなくても大丈夫になってきました。

と診察中に伝えたところ

皮膚科の先生

そうだよね。あの成分はアトピーや乾燥肌には必要な成分だしね

と言われました。

ずーと皮膚科に通っていたのに、先生からあの成分が入った化粧品がいいいなんて1度も教えてもらえず、アトピーの炎症がひどくならないようにプロトピック軟膏をひたすら使っていました(´;ω;`)

もっと早く教えてよ(怒)と思いましたけどね。

通院している皮膚科でもおすすめされているこの化粧品

img_0462.jpg

【NOV】臨床皮膚医学に基いた高保湿コスメ

この化粧品にもアトピー肌、乾燥肌、敏感肌におすすめの成分がしっかり配合されています。

そして皮膚科の医師や美容家もアトピー、乾燥肌、敏感肌が使う化粧品に配合されていた方がいいという成分は「セラミド」です。

アトピー、乾燥肌、敏感肌の保湿用におすすめされているシアバターやワセリン、プロペトでは保湿対策にならないの?

肌の乾燥がひどい場合は「セラミド」配合の化粧品やクリームが皮膚科医師や美容家もおすすめしていますが、その他にも保湿用として「シアバター、白色ワセリン、プロペト」などが口コミなどでもおすすめされているのをみかけます。

「白色ワセリン、プロペト」は皮膚の保護、保湿剤として皮膚科でアトピー、乾燥肌の私は必ず処方されまが、これらは皮膚の表面を保護(バリア)して皮膚の中の保湿成分を外に逃がさない役割をします。

あとシアバターのことをシアバターで有名なロクシタンでもこのように紹介しています

ヒトの皮脂とよく似た性質をもつため肌なじみがよく、肌に溶け込むように浸透してうるおいを補うとともに、蒸発しにくい不乾性油の特長から、肌や髪を油膜のヴェールで包んで、乾燥から保護してくれます。

シアバターの油膜も与えるけどシアバターの油膜が水分を逃がさない肌のバリア役をしているということですね。

白色ワセリンやプロペトもシアバターと同じ「油性成分」の仲間です。

セラミドも油性成分です。

違いというのが、セラミドは皮膚のバリア機能物質として皮膚に存在する成分です。

セラミドは「水を抱え込んでサンドイッチ状の構造をつくる性質」があります。その構造というのがラメラ構造といい「角質細胞のすき間をうめて外に水分を逃がさないバリア役」を担当しています。

セラミドが不足してしまうと、ラメラ構造もガタガタになって隙間ができ皮膚の外へ水分(保湿成分)を逃がしてしまい、肌がカサカサ乾燥し、外部からの刺激やアレルゲンに反応しやすくなっていまうのです。

アトピー肌、乾燥肌対策に使うべき化粧品はセラミド配合のものを選びましょう

セラミド配合化粧品といっても色々種類もあり、化粧水、乳液、クリーム、美容液に配合されています。

結局はどのアイテムにセラミドが入っていればいいの?と悩む方には・・・

基礎化粧品をライン使い(化粧水、乳液、美容液、クリームを別々に使っている)の場合は、クリーム美容液にセラミドが配合されているものを使うことをおすすめします。

水分としてセラミドを肌に与えても、時間が経てば蒸発してしまいます。

なので、油分が多めのクリームかセラミドが配合されたとろみや粘り気のある美容液を選びましょう!

アトピー、乾燥肌の管理人が実際に使って保湿力を感じたセラミド配合のクリームと美容液

小林製薬のヒフミドはヒト型セラミドを4%も配合している保湿クリームです。ただ、セラミドが入っていればいいと言うわけでなく濃度も注目する点です。

【小林製薬】ヒフミドトライアルセット

ヒフミドトライアルセットをアトピー肌で試した結果は?4%高濃度セラミド配合の実力を調査

通販限定ロゼットオウンセラリペアフィルムです。これもまた、天然セラミド配合の高保湿クリームです。乾燥しやすいおでこに重ねぬりするとつやつやします(笑)
エイジングケア向けです。

オウンセラリペアフィルム/天然セラミド配合クリーム

冬の乾燥肌の保護とエイジングケアにもロゼットのセラミド保湿クリームがなかなか優れものだった口コミ

富士フイルムジェリー アクアリスタです。
これもセラミドと抗酸化成分が配合のハイスペック美容液です。保湿力よりもエイジングケア向けのアイテムだと感じますが、セラミドが高配合なのでおすすめです。

しあわせジェリー体感キット1,000円+税(送料無料)

【アスタリフトしあわせジェリー体感キット】をアトピーの私が10日間試した正直な感想

管理人が愛用している化粧品は?

私が愛用中は現在こちらのアイテムです。

ゲルじゃないオールインワン化粧品コンシダーマルは保湿力ない?乾燥肌が1ヶ月使った変化

もちもち肌になれるかも?天然ナノセラミド配合リ・ダーマラボ モイストゲルプラスを使ってみた感想

アトピー肌にイチオシのオールインワン化粧品バランシングゲルどうしておすすめなの?

まとめ

アトピーといっても、症状が出てしまう原因はそれぞれ違います。

大人のアトピーは、日ごろのストレスが自律神経の働きに影響してかゆみやアレルギーの症状として肌に現れることがあります。

管理人も、こんな時に肌の状態が悪くなります

  • 4時間以下の睡眠、寝不足
  • 仕事でミスしたり、忙しく心に余裕がなくなるとき
  • 苦手なことをしたり、したくないことをしないといけないとき

こういうときは、カラダがかゆくなってかいてしまったり急に肌が乾燥していると感じます。

あとは、ステロイドを使ってはいけないとプレッシャーを感じひどくなるまで無理をしてしまう時です。

カラダ(ボディ)は顔の皮膚と違って、厚みもあるためセラミド配合のボディークリームでケアしてもなかなか浸透しなく洋服の摩擦などでかゆみや肌が刺激されてしまうことが多いです。

そういう場合は、セラミド配合のボディークリームを使ったあとにプロペトなどの保護剤でこすれやすい部位(肩甲骨周り、袖口、首回り、もも)を保護してあげると刺激も少なく緩和されるのでいいと思いますよ。

自分なりのアトピー、乾燥肌対策を見つけられるのが一番ですがあせらず、徐々に自分の理想とする肌になれる方法が見つかるといいですよね(^^♪

スポンサーリンク

カラダの疲れやストレスを感じている時にヘルペスが出やすい人におすすめ

あと、顔にステロイド、プロトピック軟膏を使っている時に一番気にしていたことは・・・

ヘルペスが出来てしまうことです

アトピーの人はヘルペスが出来ると「カポジ水痘様発疹症」という水泡みたいなものがとびひみたいに広がってしまうことがあります。

私も過去に何度も経験済みです。

ひどくなる前に、皮膚科で内服薬を処方してもらいますが最近はなるべくヘルペスが出来ないようにこのようなことに気をつけています。

  • 疲れを溜めない
  • 肌を乾燥させない
  • ヘルペスが出来たら触らず皮膚科に行くか、カラダを休める

こんな自己対策をしています。

でも、忙しい人は仕事を休んだり皮膚科に行ったりとなかなかできないこともありますよね。

そんなときはこういうのもサポート対策として頼るのもありまもしれません。

ヘルペス対策のサプリメントです。10年前はこんなものなかったですけどね。

スポンサーリンク