保湿化粧品レビュー
アトピー・乾燥肌向け保湿化粧品の比較・レビューブログ


 
 

ラウディBB&CCクリームを使ってみようと思ったきっかけ

 
 
40代乾燥肌管理人は夏場の化粧崩れ、エアコン乾燥、日焼け止め、シミ隠し、毛穴レス、ナチュラルメイクを意識しています。

LEEのベースメイク部門で1位を獲得したこともあり、女性誌でも度々取り上げられている、ベースメイクが、1本でカバー力と透明感を両方を味わえる化粧下地があるってことなので使ってみました。
 
 
その商品はこちら(ラウディBB&CCクリーム)商品詳細をみてみる⇒30秒でベースメイク完了!無酸化発想のラウディ「BB&CCクリーム」
 

 
私は通販で人気商品の米肌CCクリームとBBクリームを、季節によって使い分けています。

 
 

ラウディBB&CCクリームを使ってみようと思った理由は・・・

・1本でオールシーズンいけそうなところ
・セラミドを配合している化粧下地だから
・アットコスメでも口コミの評価が高かった

なので、実際にラウディBB&CCクリーム使ってみることにしました。
 
 
化粧下地の保湿感に満足していない、乾燥肌タイプの方にラウディBB&CCクリーム化粧下地の気になる使用感などを紹介したいと思います。
 
 

ラウディ化粧下地の特徴

ラウディBBクリーム&CCクリームとは・・・商品の名前通りBBクリームとCCクリームを1本にした化粧下地(ベースメイク用)の化粧品です。
 
今は化粧下地といっても、UVカット(日焼け止め)や化粧下地、コンシーラなどの役割を1本でしてくれる商品が多く販売されています。どれも似たような特徴があると思います。

ラウディBB&CCクリームの特徴は

  • 薄付きなのにカバー力がある
  • BB、CCクリームがひとつになっているがクリームの伸びがよくコスパがいい
  • ウォータープルーフタイプで汗や水分にも強く化粧くずれしにくい
  • 1本でベースメイクが完了できて忙しい人にはおすすめ、肌への負担軽減にもなる
  • 化粧品の成分が肌へ与える酸化(活性化酸素)を抑える配慮を取り入れている
  • 配合成分にもこだわり、紫外線吸収剤、鉱物油、タール系色素、パラベン、着色料、合成香料は無添加

 

スポンサーリンク

BBクリーム、CCクリームとは?

 
 

BBクリームは、もともとは肌の傷を隠したり保護したりするための医療用クリームとして開発されました。BBとは、「Blemish Balm」の頭文字を取ったもので、ブレミッシュ(欠点・傷)を補うという意味があります。そのカバー力の高さから今では、ベースメイクとして広く愛用されています。
一方、CCクリームは、光の反射と目の錯覚を利用して肌を美しくみせる効果があるクリームで、CCは「Color Control」の略で、「肌の色を補正する」といった意味があります。
ラウディ公式ページより引用

 
 
BBクリームとCCクリームはそれぞれの特徴としてメリットとデメリットがあり、季節や用途などによって化粧下地として使い分けている方もいらっしゃいます。私も実際そうです。

BBクリームのデメリット

・厚塗りに見えてしまう
・オイルが多めなので化粧崩れが気になる
・肌の乾燥感を感じる場合もある


 
CCクリームのデメリット

・シミや気になる部分を隠せない(カバー力不足)
・薄付き過ぎて物足りない
・塗り直しが必要(持続力が弱い)


 
 

BB、CCクリームそれぞれのデメリットを解消するために誕生したのが「ラウディ BB&CCクリーム」なんですね。

ラウディの独自製法でBB、CCクリームの成分のオイルと水分を調整することで、BBクリームとCCクリームが持つメリットを引きたせることに成功し、デメリットの厚塗り感やカバー力不足を両立させることができたそうです。

成分

ラウディBB&CCクリーム成分

水、トリエチルヘキサノイン、グリセリン、BG、イソステアリン酸、リンゴ酸ジイソステアリル、トリエトキシカプリリルシラン、ヒアルロン酸Na、サクシノイルアテロコラーゲンセラミドNS、セラミドNP,セラミドAP、セラミドEOP、セラミドEOS、グルコシルセラミド、シラン根エキス、ダマスクバラ花水、ビルベリー葉エキス、サクラ葉エキス、カミツレ花エキス、ローマカミツレ花エキス、セイヨウオトギリソウ花 / 葉 / 茎エキス、フユボダイジュ花エキス、トウキンセンカ花エキス、ヤグルマギク花エキス、乳酸桿菌/セイヨウナシ果汁発酵液、ナツメ果実エキス、クダモノトケイソウ果実エキス、プルーン分解物、カプロオイルフィトスフィンゴシン、カプロオイルスフィンゴシン、コレステロール、遺伝子組換カイコヒト遺伝子組換ポリペプチド-47、α-グルカン、キサンタンガム、カルボマー、セタノール、水酸化K、ベヘン酸、セテアレス-25、含水シリカ、シリカ、ペンチレングリコール、フェノキシエタノール、酸化チタン、酸化鉄、水酸化AL

あとは水分に強いウォータープルーフ仕様でもありますが、紫外線吸収剤、鉱物油、タール系色素、パラベン、着色料、合成香料不使用です。

肌の乾燥が気になる方は保湿スキンケアにセラミドとヒアルロン酸を配合した乳液やクリームを使っていると思いますが、ラウディBBクリーム&CCクリームは化粧下地だけど乾燥しがちな肌やエイジングケアにも注目し「抗酸化作用や美肌作用、保湿」などに効果が高い美容成分を配合しています。

スクリーンショット 2016-07-30 13.20.04

40代管理人にはこの美容成分はうれしいです(*^^*)

レビュー ラウディbb&ccクリームを使ってみた様子

ラウディBB&CCクリームは現在2色展開です。

上が・・・ナチュラルで健康的な肌に仕上げたい人向けの「ナチュラルベージュ
下が・・・美白肌、透明感のある肌に仕上げたい人向けの「クリアグレージュ

私は色白でもなく、黄色味がかった赤ら顔系なので「ナチュラルベージュ」がいいかなと思いましたが「クリアグレージュ」でも大丈夫でした。

両方使ってみて、クリアグレージュは最初顔が白浮きしているかな・・・と感じましたが、光の加減で見え方や感じ方が変わる様なのでクリアグレージュでも鏡を見た時に違和感はありませんでした。

どちらを選んでも日本人向けの肌色を考えて2色展開しているので、仕上がりの好みによって選べばいいと思います。

一番上は米肌BBクリームです。BBクリームと比べるとオイルの量が違うのでラウディのクリームは固めに感じましたが、肌に塗る時の伸びは大差はありません。

カバー力の方も、私の除毛している腕の毛穴もかくしてくれたのでバツグンですね(`・ω・´)

日焼け止めの役割はしているか?

片腕だけラウディBB&CCクリームを塗って梅雨明け後の紫外線たっぷりな日のお昼に自転車で外出してみました。

クリームを塗っていた方の腕は、日差しの刺激は遮ってくれて日焼けの仕方も左右に差がでました。

結果、ラウディBB&CCクリームは気になる紫外線もきっちりカットしてくれます。

肌の保湿はどうか?

夏場しかまだ使用をしていないので、冬の乾燥に耐えられるかはまだ検証していません。ただ、会社でエアコンの真下に1日いても顔がパリパリしてきたりカサカサすることはありませんでした。

仕上げはパウダーファンデーションを使っているので、ラウディBB&CCクリームを化粧下地として塗ったあと肌の粉吹きもなく、時間の経過とともに肌に馴染んでいました。

メイク落ちはどうか?

クレンジングでは一番刺激が弱いといわれるミルククレンジングでメイク落ちを試してみたところです。

乳化もスムーズで、ウォータープルーフタイプの化粧下地ですが頑固で落ちないということはありませんでした。

ラウディBB&CCクリームのコスパは?

1本で約2ヶ月使用できるそうです。実際に使ってみて少量で充分足ります。

初回定期購入だと1400円なので、1400円÷60日(2ヶ月計算)=23円 

1日23円の計算になりますね。私は自分のコスメ代は節約したいです。

プチプラ価格だけどしっかり保湿もカバーもしてくれる化粧下地のラウディBB&CCクリームはそんな子育て中のお母さんにもおすすめですね。

ラウディBB&CCクリームの詳細はこちら30秒でベースメイク完了!無酸化発想のラウディ「BB&CCクリーム」

ラウディBB&CCクリームを実際に使ってみた感想

40代アトピー乾燥肌管理人が求めている化粧下地のイメージは・・・

やっぱり「メイク後も1日乾燥しない肌を保ってくれて、何回も塗り直しがいらない」商品を使いたいです。

今まで使っていた米肌CCクリームは、さらっとしていてあまり化粧崩れは感じませんでしたが、UVカット業界最高値でも日差しが肌へ突き刺さる感じから守ってくれるものとしてはもの足りない感じはありました。

一方、ラウディBB&CCクリームは、両方の良いとこをあわせもつ化粧下地なので厚ぼったいメイク仕上がりではないけど、肌の保護も程よくしてくれていると思います。
 
 

リキッドタイプの化粧下地を使うと数時間後は「肌が乾燥してパリパリしてくる」ことが今までは多々ありました。肌の状態もアトピー肌なのよいほうではありません。
 
 
ラウディは保湿面でもセラミドやヒアルロン酸が成分に入っているので、塗っていても乾燥感はなく塗ってから徐々に肌に馴染んでしっとりしていく感じでした。
 
 
夏場の化粧崩れが気になる場合は、基礎化粧品を皮脂の多く出る部分は薄くつけたりした方がいいそうなので最近意識して取り入れていますが、激しい崩れはありませんね(*^^*)
 
結果、乾燥感もあまり感じず、夏場のメイク塗り直しがほぼ必要ないので私的には今後も使いたい商品ですね。
 

まとめ

ラウディBB&CCクリームを実際に使ってみて感じたこと

  • 化粧崩れはあまり感じない
  • カバー力もそこそこあり気になるシミ、毛穴も隠してくれた
  • 肌の乾燥もほぼなし
  • ベースメイクが1本で終わるので楽ちん
  • プチプラ価格でコスパもよくお財布に優しい化粧下地
  • メイク落ちもよい化粧下地

実際使ってみて、悪い面は管理人的には感じませんでした。

もし1つあげるとしたら、もう少し個性のあるパッケージだといいかもしれませんね。よくあるような、容器に入っているのでたまに他の化粧品と間違えそうになります。

 
 

おすすめできる人、おすすめしない人

ここまで商品の特徴、実際に使ってみて私からこんな人にはおすすめしません

  • BBクリームなのかCCクリームなのかはっきりしない化粧下地は使いたくない人
  • 外で運動をする人や外出が多く完璧にUVカットをしたい人
  • メイクを落とすのにクレンジングは使いたくない人

ラウディBB&CCクリームはそれぞれの特徴を程よく合わせもつ化粧下地なので完全にどっちとはっきりした効果を期待する人にはあまり向いていません。

例えば屋外でテニスなど運動をする人や、外回りが多い職業の方には、もっとUVカットの効果がある化粧下地や日焼け止めの使用をおすすめします。

肌への負担を考えて、メイク落としはクレンジングは使いたくない人にもおすすめしません。ラウディはウォータープルーフ機能もあるので肌への密着率も高いのでやっぱりメイクを落とす時はクレンジングは必要になります。

おすすめする人

  • BBクリームとCCクリームの特徴をわかっていて1本になった機能を持った化粧下地を探している人
  • 日常でそこそこのUVカット(紫外線カット)をしてくれるベースメイク用の化粧下地が欲しい人
  • 今までの化粧下地で保湿力が足りなく肌の乾燥を感じていた人

夏でも冬でも今は肌の乾燥を感じる環境にあります。

つねに肌の乾燥を感じている人はバリア機能が低下している可能性もあります。保湿する役割を持つヒアルロン酸とセラミドを配合しているので、化粧下地を使うといつも乾燥してしまう人には「ラウディBB&CCクリーム」はベースメイク用としておすすめです。

商品詳細

ラウディBB&CCクリームの商品詳細

ラウディ 1

商品名 ラウディBB&CCクリーム 25g(約2ヶ月) 通常価格 2800円

お試し定期コース特別価格  半額 1400円(2回目いつでも休止・解約OK)※初回のみの申込でもOK

商品開封・使用後でも30日間全額返金保証もあり

こちらからお申し込みの場合プレゼント付き

ラウディ2

ラウディ商品詳細はこちらから30秒でベースメイク完了!無酸化発想のラウディ「BB&CCクリーム」

肌に優しい保湿力もバツグンのセラミド、ヒアルロン酸を配合している化粧下地の「ラウディbb&ccクリーム」は初回1400円で購入できる、お財布にも優しいベースメイク用下地です。

無添加仕様なので敏感肌、乾燥肌、アトピーの人にもおすすめのbb&CCクリームです。

プチプラでドラッグストアでも販売しているファンデとあまり変わらない値段です。使用感、機能的におすすめなのでぜひ使ってみて欲しいです。

スポンサーリンク