保湿化粧品レビュー
アトピー・乾燥肌向け保湿化粧品の比較・レビューブログ
Pocket

卵殻膜オールインワンジェルを使いたい人におすすめ商品を紹介

卵殻膜という成分に興味があり、スキンケアが一度にすむオールインワンジェルになっている商品がいいなと探している人に

卵殻膜コスメ大好きな私がおすすめを紹介しますね。

まず、今回卵殻膜オールインワンジェルおすすめ商品の中から

・保湿に優れたタイプ
・エイジングケア向けタイプ
・しわ、しみなどにおすすめタイプ

卵殻膜オールインワンでもそれぞれ特徴があり、肌の悩みや肌タイプによっておすすめが違うかな~というのを実際に使ってみて感じました。

卵殻膜オールインワン 保湿に優れたビューティーオープナージェル

まず1つ目の卵殻膜オールインワンジェルは、オージオの「ビューティーオープナージェル」です。

このビューティーオープナージェルの特徴は、

  • セラミド、プロテオグリカンなど保湿成分が入ったオールインワンジェル
  • 加水分解卵殻膜配合オールインワンジェル
  • 1つで6役のラクチンオールインワンジェル

ビューティーオープナージェルもアルマードと同じ加水分解卵殻膜を配合しているので「Ⅲ型コラーゲンをサポートする」化粧品として、たるみケアにもおすすめのオールインワンジェルです。

使用感はもっちりしたジェルですが、ベタベタしない使いやすいオールインワンジェルです。

ビューティーオープナージェルをおすすめする肌タイプ、悩みは

  • 肌がしぼんで乾燥してきたような気がする人
  • 洗顔しても顔の色がくすんで暗くみえる人
  • エイジングケアも保湿ケアも両方一緒にできるオールインワンジェルがいい人

ビューティーオープナージェルは乾燥肌、敏感肌向けの化粧品にも配合されているセラミドやプロテオグリカンの保湿成分が入っているので、保湿を重視したい肌のハリが欲しい人向けのオールインワンジェルタイプですね。

美白したい人に ビタミンC誘導体配合の卵殻膜オールインワンのAMF オールインワンジェル

AMF(アマフ)オールインワンジェルは、加水分解卵殻膜、ビタミンC誘導体を配合した肌の透明感、弾力がが欲しい人におすすめのオールインワンジェルです。

ビタミンC誘導体は、メラニンが作られるのを抑える成分として美白美容成分として化粧品に配合されることが多いです。

あとは、「皮脂の分泌抑制作用」もあるのでニキビケア用の化粧日も配合されることもあります。

乾燥肌の人がビタミンC誘導体が入った化粧品を使うと、乾燥感を感じることもあるので一緒に配合されている成分も確認してから使うほうがいいと思います。

私は乾燥肌タイプですが、AFMオールインワンジェルだけだと肌の乾燥を感じてしまったのでこちらのオールインワンジェルは、普通肌タイプで美白用の卵殻膜オールインワンジェルを使いたい人におすすめします。

AMFオールインワンジェルの詳細はこちら

しわ、しみ、保湿したい人には珠肌ランシェル オールインワンジェル

40代~60代におすすめのしわ、しみ、ハリに!卵殻膜オールインワンジェルは「珠肌ランシェル」です。

水、グリセリン、BG、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、ペンチレングリコール、ジグリセリン、卵殻膜、加水分解卵白、酵母エキス、ヒアルロン酸Na、加水分解ヒアルロン酸、アセチルヒアルロン酸Na、水溶性コラーゲン、加水分解コラーゲン、サクシノイルアテロコラーゲン、セラミド3、セラミド6Ⅱ、プラセンタエキス、スクワラン、ユビキノン、加水分解エラスチン、ヒドロキシプロリン、アミノ酪酸、ツボクサエキス、オウゴン根エキス、イタドリ根エキス、チャ葉エキス、カンゾウ根エキス、ローズマリー葉エキス、カミツレ花エキス、ノイバラ果実エキス、セイヨウキズタ葉/茎エキス、スギナエキス、シャクヤク根エキス、ワレモコウエキス、レモン果実エキス、トウキ根エキス、アルニカ花エキス、セイヨウオトギリソウ花/葉/茎エキス、アロエフェロックス葉エキス、ホップ花エキス、セイヨウアカマツ球果エキス、クレマティス葉エキス、セイヨウナツユキソウ花エキス、ヒバマタエキス、トリスヘキシルデカン酸ピリドキシン、ハマメリス葉エキス、ブドウ葉エキス、セイヨウトチノキ種子エキス、トウキンセンカ花エキス、フユボダイジュ花エキス、ヤグルマギク花エキス、ローマカミツレ花エキス、オランダガラシ葉/茎エキス、ゴボウ根エキス、サボンソウ葉エキス、セージ葉エキス、キュウリ果実エキス、セイヨウニワトコ花エキス、ゼニアオイ花エキス、パリエタリアエキス、マグワ根皮エキス、クララ根エキス、オタネニンジン根エキス、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、トコフェロール、メチルヘスペリジン、パルミチン酸レチノール、シアノコバラミン、ナイアシンアミド、コレカルシフェロール、リン酸アスコルビルMg、キシリトール、イノシトール、グリチルリチン酸2K、グリコシルトレハロース、加水分解水添デンプン、グリシン、コーン油、(ダイマージリノール酸/ステアリン酸/ヒドロキシステアリン酸)ポリグリセリル-10、(エイコサン二酸/テトラデカン二酸)ポリグリセリル-10、カルボマー、キサンタンガム、ステアリン酸ポリグリセリル-10、水添レシチン、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、水酸化K、シリカ、フェノキシエタノール

他の卵殻膜オールインワンジェルに比べると、たくさんの美容成分が配合されていてどれが何にいのかちょっとわかりずらいですが、「卵殻膜、セラミド、プラセンタなど」保湿やハリにいい成分や植物エキスがたくさん入っているので抗酸化力にも優れているオールインワンジェルという印象ですね。

珠肌ランシェルも乾燥肌で保湿とエイジングケアをした人向けのオールインワンジェルですね。



シワ対策の新事実で究極の若見え!今なら初回限定の特典アリ

卵殻膜は化粧品とサプリメントは美容にはどっちが効果的?

私は卵殻膜入り化粧品もサプリメントなど関連商品を色々使ってきました。

卵殻膜サプリメント

その中で共通して感じた効果は・・・

ハリが出たように感じる」です。

サプリメントも飲んだ翌日はお肌がプルプルしたハリを感じたし、卵殻膜エキス入り美容液を使うと手触りがいつもと違ってスベスベしてハリを感じました。

化粧品やサプリメントでそんなに効果を感じるの?と疑問を持つ人もいると思いますが、敏感な人なら使ってみるといつもと違うかなぁと小さな変化に気が付くのでないかと。

ただ、美容にはどちらが効果的なの?という点だと飲んでカラダに入れる「卵殻膜入りサプリメント」の方が上だと感じます。

でも、本当に顔のたるみやシワをどうにかして若いころみたいな肌に戻りたいというのは、化粧品やサプリメントだけだと限界があるかなとも感じていますのでその場合は、フェイシャルエステや美顔器でホームエステなども上手に取り入れていくのがいいのかなと思います。

フェイシャルエステの体験記事

スポンサーリンク