保湿化粧品レビュー
アトピー・乾燥肌向け保湿化粧品の比較・レビューブログ
Pocket

卵殻膜美容液 ビューティーオープナーを試した口コミ 

エイジングケアに最適の美容液【卵殻膜エキス配合 ビューティオープナー】を試してみました。

卵殻膜美容液は、40代が使うと老けた顔にどんな効果が期待できるのか?また変化は感じられるのかビューティーオープナーを試したレビューをしますね。

卵殻膜美容液のビューティーオープナーの注目成分

ビューティーオープナーに含まれる注目の美容成分は「卵殻膜エキス」です。

卵殻膜美容液を使ってみたいと商品の口コミや効果を探している人はなんとなく知っているかもしれませんが、卵殻膜とは「卵の薄皮」のことです

卵殻膜化粧品はその卵の薄皮を特殊加工して粉末やエキスにしたものが美容成分として配合されているものを指します。

卵殻膜は、化粧品だけでなく美肌にいいサプリメント商品もありこちらもかなり美容に興味がある女性に人気度が高いです。

ビューティーオープナーの発売元はオージオ(化粧品・サプリメントの専門通販)はベルーナグループの一員の会社で、製造販売元は卵殻膜のパイオニアといわれているアルマード社です。製品的には問題はないかと思います。

アルマードでも同じような卵殻膜エキス配合の美容液商品はありますが、成分構成はほとんど一緒です。

前置きが長くなりましたが、このビューティーオープナー卵殻膜美容液は、卵殻膜がもつ美容成分が贅沢に味わえる洗顔後にすぐ使う導入美容液で肌のハリが欲しい時に使うのに最適です。

このオージオ ビューティーオープナーは注目の美容成分の卵殻膜エキスが95%とかなり濃度が高い美容液ですが、この卵殻膜が持つ美容成分、効果というのが30代以上の女性が気になる顔の悩みの解決をしてくれそうなすごい成分なのです。

どうすごいのかというと・・・

その1

グラフのように卵殻膜にはほかの成分より「シスチン」が圧倒的に多く含まれています。

シスチンとは・・・アミノ酸の一種で、カラダの中に入るとしみ、そばかすに有効だとされる成分に変化。シスチンは美髪にもいいとされ育毛剤、発毛シャンプーなどにも含まれる成分です。

その2

年齢と一緒にだんだんと衰えてくる肌の弾力に関係してくるコラーゲンとエラスチンが減ってくると・・・

皮膚の底にある線維芽細胞や毛細血管が衰えてくると弾力がなくなり、だんだんと重みに耐えられなくなって下にさがります。

これが「たるみ、しわ、ほうれい線」などの悩みにつながるのですが、卵殻膜にはこのコラーゲンの中でも、ハリと弾力に関係する「Ⅲ型コラーゲン」を元気にさせて線維芽細胞を若いころのように働かせる役目をしているのが研究結果としてわかっています。

なので、卵殻膜化粧品は今は流行っている「幹細胞コスメ」に分類されてもいいのではないかと思いますけどね。

余談ですが、昔から卵殻膜を傷口に貼ると治ると言われていて相撲部屋などでもその生活の知恵が取り入れられているそうですよ。

卵殻膜が持つ効能が傷ついた皮膚も再生させる力があるってことですかね。

その3

卵殻膜には、コラーゲン、ヒアルロン酸、アミノ酸、プロテオグリカン、シアル酸、デシモシン、イソデスモシンなどの、人間にとって重要なアミノ酸や保湿成分、美容成分が自然な形で含まれてます。

化粧品は美容成分や水などを配合して作られますが、卵殻膜には最初から美容成分となるものを含んでいます

なので、ごちゃごちゃとたくさんの美容成分をわざわざ入れなくても高濃度な卵殻膜エキスと天然美容成分だけで美容液ができてしまうということなんですね。

ちなみにビューティーオープナーの全成分はこちら↓↓↓

水・BG・ペンチレングリコール・加水分解卵殻膜・ヒアルロン酸Na・スクワラン・カンゾウ根エキス・バラエキス・ローズマリー油・レモングラス油・ニオイテンジクアオイ油・デキストリン・オレイン酸ポリグリセリル-10・クエン酸Na・クエン酸

ビューティーオープナーの成分をみると、卵殻膜と保湿成分の美容オイルが中心に入った美容液という感じですね。

さらに詳しい商品の案内はビューティーオープナーの公式オンラインショップで確認できます♪

卵殻膜エキス美容液の詳細はこちらから

卵殻膜美容液のビューティーオープナーを40代管理人が試してみた

ゴージャスなゴールドの外箱に入っているビューティオープナーオイル。

取り出すと、ガラス瓶に入った美容液でした。高濃度な無添加オイルや美容液はガラス瓶に入っているのは定番ですがこれは成分の酸化や劣化を防ぐためです。

外箱にも美容液の使い方が記載されているので、洗顔後は説明通りすぐに使って効果的に使いたいですね。

卵殻膜美容液は、濃いオレンジ色をしています。

これをキャップについてるスポイトで2~3滴ほど使ってお手入れします。

ビューティーオープナーの使用感は、肌につけ伸ばすとすぐに表面から消えて肌に馴染むのが早く、肌触りもペタッとせず軽い使用感です。

ビューティーオープナーは導入美容液なので、洗顔後一番最初に肌につけるため次に使う化粧水の邪魔はしない使用感もGOOD!

べたべたした感触が苦手な人にはちょうどいいテクスチャーの美容液です。

ビューティーオープナーの香り

ビューティーオープナーは無香料タイプですが、卵殻膜エキス自体に香りがあるのでアロマオイルとはちょっと違う酸っぱいような香りがします。

ただし、どぎつい香りではなく私的には顔につけても気にならない程度なので問題はありませんでした。

卵殻膜エキス美容液の詳細はこちらから

卵殻膜美容液ビューティーオープナーを40代が試して感じた肌の変化画像

卵殻膜は、Ⅲ型コラーゲンという肌のハリと弾力に関係しているコラーゲンを作る助けをする役割や、美肌に関係しているシスチン、アミノ酸をたくさん含んでいます。

この卵殻膜エキス95%入りのビューティーオープナー美容液を使って40代の管理人が現在気になっている「肌のたるみ、くすみ、乾燥と毛穴」をどうにかしたいのでエイジングケア美容液として取り入れてどうなったか?

40代の私がビューティーオープナーを1本使って試して感じた肌の変化とは・・・

管理人

ビューティーオープナーを1本使って感じた肌の変化は、
使い始めてからいつもより顔の色が明るく見えました。(エステ後の透明感には勝てませんが)あとは、寝るのが遅い翌日はいつも眉間のしわが残るのですが、ビューティーオープナーを使うと目立たなくなったので肌のハリがUPしたのかなと感じました。

感じた肌の変化は、肌がしぼんだ印象があったのが使う前よりは状態がいいかなと感じます。

卵殻膜美容液のビューティーオープナーオイルを使う前は

  • 肌が赤黒くくすんでいる
  • 毛穴がぽつぽつ目立つ
  • 肌がしぼんでいる感じがする

↑↑↑卵殻膜サプリメントとビューティーオープナーオイルを使い始めたあとの肌の画像です。
たかの友梨フェイシャルエステポーラでも肌診断を受けたりとエイジングケアを積極的にしていましたので、肌のコンディションは良かったですね)

なので、毛穴やくすみ、肌のハリが気になるなぁと肌の老化を感じ始めた30代の方なら卵殻膜美容液を取り入れるだけでもいい変化を感じられるかもしれませんね(^^♪

でも美容液だけに頼るのではなくお肌を健やかに保つのに早寝早起きやたっぷり睡眠をとってストレスをためないことが美肌には一番いいというのが私なりの結論ですけどね。

忙しくて寝るのが遅くなったり、睡眠時間が短くなりがちな女性は肌が荒れやすく、老化も進みやすです。

なので少しでも肌の弾力やハリに関係するコラーゲンやエラスチンの老化を遅らせるためにも、普段からⅢ型コラーゲンにアプローチするハリ美容液の「卵殻膜美容液」を使うとエイジングケアができます。

ビューティーオープナーを使うといい肌悩みは?

このビューティーオープナーは、美容成分から見ても保湿美容成分やたくさんの美容成分を含んでいる卵殻膜からできた卵殻膜エキスが95%も含まれているので「肌の弾力、ハリが欲しいやハリ美容液を探している人におすすめの美容液」です。

このような年齢肌の悩みを感じているなら使ってみるといい変化を感じられるかもしれませんよ。

  • 目の下のしわが気になる人
  • おでこのしわや眉間のしわが気になる人
  • 40歳を過ぎて顔が全体的に老けた印象を感じる人

卵殻膜エキス美容液の詳細はこちらから

卵殻膜美容液ビューティーオープナーをお得に購入するには

卵殻膜エキス配合の美容液は、アルマードでも扱いがありますが、値段的に、一番お得に卵殻膜美容液を購入できるのがオージオのビューティーオープナーです。

初回購入であればお試し価格の1980円(送料無料)です。

今なら初めてビューティーオープナーを購入する方限定で、卵殻膜ビューティーオープナーシリーズの「オールインワンジェル」のミニサイズがおまけでついてきますよ。

卵殻膜オールインワンジェルもお試しできるので、これから肌のハリUPを目指している人にはお得なお試しセットですね。

ビューティーオープナーシリーズは、オージオ 公式オンラインショップで販売されていてここだけの限定お試しセットです。

卵殻膜エキス美容液の詳細はこちらから

美容液も一緒になった化粧品の方が「楽でいい!」と感じている人には、ビューティーオープナージェル(オールインワンジェル)もおすすめですよ♪

私も現在愛用中です。

卵殻膜オールインワン【ビューティーオープナージェル】の口コミと効果

自分の肌の状態をチェックして正しいスキンケアをした人におすすめ記事はこちら

スポンサーリンク