保湿化粧品レビュー
アトピー・乾燥肌向け保湿化粧品の比較・レビューブログ
Pocket

379722

敏感肌とアトピー肌の人が使うべき化粧品は?

敏感肌もアトピーも、肌荒れを起こす特徴を持っていることから、違いがわかりにくい部分があります。この2つの症状はとても似ていますが、最も大きな違いとして、アレルギー反応の有無についてがあげられます。

同じ肌荒れでも、敏感肌は肌の水分量が足りていなかったり、バリア機能が低下することで、症状が出る特徴を持っています。一方のアトピーは、肌の水分量不足、バリア機能の低下に合わせて、アレルギー反応が出やすいという遺伝的要因も関係しているようです。

アレルギー源となるホコリ、ダニ、花粉など異物を抑える免疫物質、IgE抗体の産生量が多いという遺伝的体質の人が多い傾向です。

なので、アトピー肌の人はアレルゲン物質に触れることで、ヒスタミンなどかゆみの素になる化学物質を放出し掻いてしまうため肌荒れを引き起こすという特徴があります。より深刻な肌荒れの症状だといえます。

これらの症状を持つ人は、普段使う化粧品に関して十分に注意しなければなりません。おすすめは、保湿力の高いスキンケア化粧品です。保湿力の高いスキンケア化粧品には、ヒアルロン酸といった、肌の水分を保持する能力の高い成分がたっぷりと含まれています。この力を利用することで、肌の潤いが保たれて、乾燥による肌荒れを防げるようになります。

バリア機能の改善についても同様です。肌の水分量が多くなると、外部刺激に強くなります。しかし、化粧水のみではバリア機能を保つ力が弱いですので、必要に応じて水分の蒸発を防いでくれる、クリームを適量塗るようにすると、さらに効果を高められます。

セラミドという成分は、肌のバリア機能を高める性質を持っています。スキンケア化粧品を選ぶ際には、セラミド入りの商品を積極的に選びたいところです。

アトピー持ちの人であれば、アレルギー源となる成分や物質が入っていない化粧品を選ぶことが、とても重要になります。アレルギー源の特定は素人では難しいですので、病院できちんと検査を受けることが大切です。医師のアドバイスに従い、アレルギーを発症しやすい化粧品の使用を避けるようにしましょう。

場合によっては、金属や食べ物がアレルギー源になっていることもあります。化粧品ばかりに気を使うのではなく、他の原因についても身体に寄せ付けないことが大切です。

管理人おすすめのセラミド配合のオールインワンゲルの紹介記事はこちら⇒大人アトピーで悩む私が使い続けているオールインワン基礎化粧品「バランシングゲル」はセラミドたっぷり

スポンサーリンク