保湿化粧品レビュー
アトピー・乾燥肌向け保湿化粧品の比較・レビューブログ

KOSE【米肌CCクリーム】は乾燥肌向けの保湿力がある化粧下地?

ノーファンデを始めましたが、寝不足や疲れが溜ると朝起きた時の顔色が悪くくすんで見えることがあります。

40歳を過ぎた初老の女がくすんだ色の顔でノーファンデをしたらさすがに・・・痛々しいですよね(´;ω;`)

トイレで鏡を見ると自分でもかわいそうな顔色でした(;´Д`)

なので、体調や肌のコンディションによって、メイクを変えて会社に行っています。

乾燥肌、アトピーだとファンデーションを塗るとカサカサ顔の皮がむけることが度々あります。

【米肌CCクリーム】は乾燥肌向けの保湿力がある化粧下地なのか使ってみた様子を紹介します。

【米肌CCクリーム】はKOSE通販限定商品です。

米肌 -MAIHADA- 【澄肌CCクリーム】

KOSE【米肌CCクリーム】の特徴

IMG_1238

  • UVカット効果が国内最高値を採用(SPF50+、PA++++)
  • 1本で5役のオールインワンCCクリーム
  • 毛穴、しみ、くすみをカバー

米肌は、乾燥肌、毛穴をケアするライスパワー№11配合の化粧品シリーズとして有名なのですが、この米肌CCクリームにはライスパワー№11は配合されていません。

乾燥肌で保湿力が高い化粧下地を探している方は、米肌BBクリームの方もおすすめです。(ライスパワー№11、セラミド配合の油分が多めの化粧下地です)

コーセープロビジョン

米肌CCクリームを使ったみたところ

KOSE通販商品はネットで注文をすると3日以内にはこのように自宅に届きます。

IMG_1238

米肌CCクリームの容器はチューブタイプのポンプ式です。

最初は中身が出にくいですが、使い始めるこのようにきれいに出てきますよ。

IMG_1244

この米肌CCクリームは、少量でよく伸びます。これ1本で4~5か月ほど使えます。

なので今までは、紫外線が強くなり始める春頃~秋頃までは米肌CCクリームを愛用していて、乾燥する時期は油分と保湿力高めの米肌BBクリームと使い分けていました。

1本3500円ですが、4か月使えたら・・・かなりプチプラ価格ですよね。

米肌【澄肌CCクリーム】

IMG_1245

米肌CCクリームのカラーは2色展開です。

スクリーンショット 2017-02-01 22.13.36

私は、色白ではないので01の自然は肌色を選びましたよ。

IMG_1249 maihada

今回は手の甲で試しましたが、寝不足の時や疲れた時は右手の甲のようなちょっと赤黒い色の顔色のことが多いです。

顔がくすんで見えてしまう日は、このように米肌CCクリームを下地クリームとして使うと自然な肌色に仕上がるのでたまにすっぴんと間違われることがあります(笑)

米肌CCクリームは、肌色コントロールパウダー配合しているのでくすみや毛穴、シミなどを自然にカバーして、明るく澄んだ仕上がりにしてくれるのです。

あとは、乾燥肌ではなく化粧崩れが気になる人にも米肌CCクリームはおすすめで「皮脂吸着パウダー」「毛穴ロックポリマー」がメイクのよれの原因となる汗や皮脂を吸着して、会社にいる時もテカらず毛穴崩れもカバーしてくれますよ。

まとめ

ノーファンデ派でも、日によっては顔色がくすんで見える日もあるし、特別な日はやっぱり化粧下地からしっかりメイクをするときもありますよね。

そんなときにおすすめなのが、自然な仕上がりの透明美肌に見える【米肌CCクリーム】が私はいいと思います。

これを使っている時にすっぴんと間違われたのが恥ずかしかったけど、うれしくもあったので(^^♪

保湿力については、私は【米肌CCクリーム】を使い始めてからメイクが浮いてカサカサしたりすることがなくなりましたが、使用感はさらっとした軽い美容液タイプのCCクリームです。

冬場の乾燥肌に悩んでいて、油分多めでばっちり肌を保護したい、保湿力が高い化粧下地を探している人には【米肌BBクリーム】がいいと思います。

ただ、どの化粧下地を使っても肌が乾燥してメイクのリが悪い場合、すぐメイクが崩れてしまう場合は、基礎化粧品を見直したほうがいいですね。

土台がしっかり潤っていないとメイクも浮いてしまうばかりか、顔の皮がむけてしまう原因にもなりますからね。

やっぱり保湿は必要です。

肌の保湿に米肌シリーズを使うのもいいし、他のセラミド配合のクリームなどでしっかり保湿でもありです。

毛穴レス&テカリ知らず肌をひと塗りでカバー!KOSE米肌【澄肌CCクリーム】




スポンサーリンク